ライブスター証券は長期保有にも適している

ライブスター証券は業界最高水準のスワップポイントという点もセールスポイントの1つとしており、事実、スワップポイントの高い銘柄がたくさんあります。これは短期的のみならず長期的保有を好んでいる人にも魅力的です。

スワップポイントとは、違った2国間の通貨の売買により生じる金利差のことをいい、取引によっては利益にもなれば損することもあります。

でも日本より金利の高い国の通貨との取引であれば大体は収益に繋がりますので、リスク管理さえしっかり出来ていれば長期保有にも適しています

また、FX事業者はカバー先からのスワップポイントを基にオリジナルのスワップポイントを顧客に提示しているので当然業者によって違いがあります。

特にリーマンショック以降、金融市場の混乱が続いているため業者ことにかなり差があるようなので口座開設の前にしっかり確認することをお勧めします。

スワップポイントの有効利用

スワップポイントで利益をあげていくには、日本より金利の高い国の通貨を買い、円を売ることです。

例えば豪ドル/円売り、米ドル/円売りなどです。

豪ドル/円売りを行った場合、買った豪ドルの金利が売った円金利より高いので、スワップポイントに受け取りが生じます。

これを1日に何度も繰り返し少しずつ利益を積み重ねていくデイトレ専門の方もいます。

しかしながら金利は日々変動していますので必ずしも将来高い利益を得られるというわけではありません。スワップポイントで損失することもあります。

例えば、円金利より高い金利の通貨を売った場合です。

豪ドルを売り円買いを行った場合には、買った豪ドルの金利より売った円金利の方が高いので、当然スワップポイントは支払が生じますよね。長期保有では損失が大きくなりがちですので十分に注意して頂きたいものです。

安定したサーバー環境と充実サポートで気持ちよくトレードを

ライブスター証券は情報提供に関するサービスが乏しい点に不満の声もありますが、その分低コストな点が評価され人気を集めています。

FXとしての知名度はあまりないものの、昭和23年の設立から様々な合併・吸収を経て今日へ至りその歴史は長く安定したものとなっています。過去に行政処分された経験もなく、現在はFX業者でも大きな勢力を誇るISホールディングスと同グループに所属しており以前にも増して信頼性がアップしています。

気になるサーバー環境もかなり動作が軽く良質であると利用者からも満足の声があがっていますし、ツールもほとんどのパソコン環境に適合しているので多くの人が利用可能です。トレード画面も大変見やすい作りになっています。

さらにライブスター証券は電話対応がとても良いので好感が持てます。

業者によっては初歩的な質問には面倒くさそうな態度をとるなどお客様に対する態度としては不適切と思われるような対応の業者があるようですが、ライブスター証券の電話対応はとても親切で丁寧なので嫌な思いをしたという声はあまり聞かれません。

疑問に思うことは何でも聞いて少しでもご自分の取引に役立てて下さい。

ライブスター証券の口座開設はこちらから
申し込みボタン